スポンサードリンク

イタリア語文法解説 - 定冠詞と不定冠詞

名詞の性・複数形はしっかりマスターできましたか?今回は英語のaやtheに当たる不定冠詞(un・uno・unaなど)・定冠詞(lo・il・la・l'など)を勉強しましょう。

英語を勉強したとき名詞にaやtheがついてたのを覚えてますか?イタリア語もこれらがついてくるんですがイタリア語の場合名詞の性・数によって定冠詞・不定冠詞の形も変わってきます。また、いつ定冠詞を使っていつ不定冠詞を使うかなど使い分けに慣れが必要ですがまずは使い方からしっかり勉強しましょう。

不定冠詞

不定冠詞は英語のa/anにあたり、訳すならば「1つの」となるんですが大抵訳されません。冠詞なので名詞のすぐ前に置いて、名詞とひとまとまりと考えてもらってください。形はその名詞の性・数によって変わり、英語のanのように名詞の頭文字でも少し変わりますので注意してください。

あと、不定冠詞は数えられる名詞の単数形につき、数えられない名詞(水だとか油など)や複数形には別の冠詞がつきます。

  • uno
    男性名詞単数形の頭文字がs+子音・z・x・y・gn・pn・psで始まる単語に付きます。xやy・gn・pn・psで始まる単語はあまりないのでs+子音・zに特に気をつけてください。
    uno studente(1人の学生)、 uno zaino(リュックサック)、 uno gnocco(ニョッキ1つ)
  • un
    男性名詞単数形で上記以外の単語に付きます。
    un libro(本)、 un amico(友人)、 un cane(犬)、 un bicchiere(グラス)
  • una
    女性名詞単数形子音で始まる単語に付きます。
    una ragazza(少女)、 una macchina(車)、 una penna(ペン)
  • un'
    女性名詞単数形母音で始まる単語に付きます。
    un'amica(女友達)、 un'arancia(オレンジ)

定冠詞

定冠詞は英語のtheにあたってすでに会話に出てきた名詞(あの・その〜)や唯一のもの(太陽・月など)、総称的に用いられた名詞(私は音楽が好きだ、という時の音楽全般・総称を表すとき)、個別・特定化された名詞(私の兄の自転車という時の自転車の前など)、ある種の固有名詞(山や川の名前の前など)、日付・時刻などに用いられます。

不定冠詞と同じように性や名詞の頭文字で形が変わってきます。あと定冠詞は複数形もあるのでしっかり覚えてください。

  • lo - gli
    男性名詞の頭文字がs+子音・z・x・y・gn・pn・psで始まる単語に付きます。不定冠詞unoがつく名詞は定冠詞の場合loになり、複数形はgliです。
    lo studente(その学生)、 lo zaino(そのリュックサック)、 lo gnocco(そのニョッキ1つ)
    gli studenti(その学生達)、 gli zaini(それらのリュックサック)、 gli gnocchi(それらのニョッキ)
  • il - i
    男性名詞で上記以外の子音で始まる単語に付きます。複数形はiです。
    il libro(その本)、 il cane(その犬)、 il bicchiere(そのグラス)
    i libri(それらの本)、 i cani(それらの犬)、 i bicchieri(それらのグラス)
  • l' - gli
    男性名詞母音で始まる単語に付きます。複数形はloの複数形と同じgliです。
    l'amico(その友人)、 l'albero(その木)
    gli amici(それらの友人)、 gli alberi(それらの木)
  • la - le
    女性名詞子音で始まる単語に付きます。
    la ragazza(その少女)、 la macchina(その車)、 la penna(そのペン)
    le ragazze(それらの少女たち)、 le macchine(それらの車)、 le penne(それらのペン)
  • l' - le
    女性名詞母音で始まる単語に付きます。
    l'amica(その女友達)、 l'arancia(そのオレンジ)
    le amiche(それらの女友達)、 le arance(それらのオレンジ)

慣れないうちはごちゃごちゃしてしまいますが、慣れると名詞が男性形なのか女性形なのか名詞の頭文字は子音なのか母音なのかなど考えなくてもぱっと出てくるようになります。単語を覚えるとき名詞の性もいっしょに覚えれるよう定冠詞をつけて覚えるようにしましょう。